スポーツテイストの流行で、足下にスニーカーやスポーツサンダルを合わせるスタイルがトレンドになっています。

夏のサンダルが欲しい季節ですが、2015年のサンダルは
太ベルト・フラットがトレンド感を出すための要素です。

フラットサンダルの老舗ブランド、ビルケンシュトックが春先から大注目。

今回はビルケンシュトックにしぼって人気モデルを使った今年っぽいコーディネートをまとめました!

Sponsored Link

ビルケンシュトック(Birkenstock)はドイツのシューズブランド。230年の歴史があるそうです。

人の足に理想的なフラットサンダルを作り続けている老舗として、はき心地とデザイン両方から人気を集めています。

今年あらためてブームが来ていますが、ずっと前から優秀サンダルとして有名だったんですね。

そのビルケンシュトックが出している定番モデルの中で特に注目されているのが「アリゾナ」(ARIZONA)。

アリゾナ
出典:Birkenstock Japan

太ベルト2本のモデルです。

特にホワイトは一番人気で入荷待ちのところもある様子。

きれいめコーデの外しアイテムとして使われるフラットサンダルはこのアリゾナ風のアイテムが多いです!

また、「ミラノ」はバックストラップ付きのアリゾナ風モデル。
ミラノ
出典:Birkenstock Japan

しっかりはきたいならこちらです。
太ベルトデザインなのはアリゾナと同じなのでトレンド感は変わりません。

トングタイプの「ギゼ」は足下をすっきり大人っぽく見せてくれます。
ギゼ
出典:Birkenstock Japan

ギゼはボーダーアイテムの外しにもぴったり。
ギゼ+ボーダー

トングダイプのサンダルはまれに指の間が痛くなることがありますが、機能性にこだわったビルケンシュトックなら安心ですね。

 

夏コーデ用ビルケンシュトックの今年の人気色は白!

 
歩きやすさとトレンドを両立してくれるビルケンシュトックですが、
夏コーデに取り入れるにはスカートスタイルからはじめるのがおすすめ。

ビルケンシュトックはコーデに失敗するとカジュアル過ぎになってしまいます。

アリゾナ+ロングスカート
バランス的にも相性良しのロングスカートと合わせれば決まりやすいですね。

 
ホワイトビルケンとホワイトデニムを合わせたコーデも夏らしくてさわやか。

ホワイトデニム+アリゾナ
今持っているベーシックなホワイトデニムですぐ完成の白コーデです!
小物を使って大人っぽく。

 
定番のフレンチっぽいボーダー+パンツスタイルも足下はホワイトのアリゾナ投入!

アリゾナパンツスタイル
すごくこなれた雰囲気になりますね。

 
ホワイトの次に人気で、コーディネートにも使いやすいのがブラック。

アリゾナブラック
ボトムをガウチョにすれば、旬なシルエットができあがり。
白黒コーディネートも定番です。

今年限りでなくずっと使えるビルケンシュトックは、トレンドのホワイトをあえて外すのもいいかもしれません。
 

ビルケンシュトックと靴下コーデ

 

靴下+サンダルのコーディネートは定着しましたが、ビルケンでもやってみたいですね。

スポーツサンダルと違ってベルトバックルがアクセントのビルケンサンダルは、ソックスのカラーを暗めにすると子供っぽくなりません。

スカート+ラインソックス
ガーリーテイストでも、ラインソックス+リュックでスポーツ風味を加えればバランス良好。
 
こちらはカラーソックス+ビルケンでアクセントをつくったシンプルスタイル。
ソックス+ビルケン
足下の赤が差し色として効いてます!

 
スポーツサンダルはストラップをマジックテープで止めるフラットサンダルのことで、ベルクロサンダルとも呼ばれています。
ベルクロはマジックテープと同じ意味です。

テヴァ
スポーツサンダルの人気ブランド「TEVA」

(スポーツサンダルコーデ詳細はこちらの記事でも書いてます!)

ベルトバックルありなしでコーデの全体の雰囲気まで変わってきますね!
 

ビルケンシュトックのサイズ選び方

 
健康靴のビルケンシュトックはよく自分の足のサイズを計ってサイズ選びをしないとせっかくの歩きやすさが半減してしまいます。

足が見えるサンダルなのでサイズが合っていないと見た目もすっきりしませんよね。

ビルケンシュトックのサイズ表記はヨーロッパサイズになっています。35〜41のような表記です。

だいたいの大きさはcmに直すとこんな風になります。

(35)22.5cm: (36):23〜23.5 (37):23.5〜24 (38):24.5 (39):25

また、サイズ表記に「幅狭」「幅広」と書いてあることがあります。

ビルケンには幅も2種類のサイズがあり、

幅狭タイプ(ナロー):幅広タイプ(ノーマル)

を自分に合わせてチョイスすることができます。

日本ではどちらかしか扱っていない事が多いのですが、このデザインがもうちょっと幅狭だったら、という場合他のお店もさがして合ったサイズをゲットするのがおすすめです。

ビルケンはアイテムごとに試着するか、返品交換ができるお店で購入したいですね。

 

ビルケンシュトック風のフラットサンダルは他にも!

 
フラットサンダルはトレンドなので、ビルケンシュトック風だけど少し違うデザインのアイテムもたくさん出ています。

お値段が安い、ディティールが好き、など自分に合わせて別ブランドのサンダルを選ぶのもいいですね!

オデットエオディールホワイト
「オデットエオディール」のホワイトサンダル
いつも使っているお気に入りシューズブランドでも今年はビルケン風サンダルを出しているかもしれません。

自分のテイストと歩く目的に合わせてフラットサンダルコーデを極めてはいかがでしょうか。