そろそろバラの開花状況が気になりますね。
東京のバラ名所の中でも神代植物公園は特に有名です。

バラは409品種5,200株もあるそうで、毎年春と秋に「バラフェスタ」
を開催しています。

jindai01
去年のバラ園より

そんな神代植物公園に一足先に行ってきたので、
現在のバラの開花状況やバスでのアクセス方法を書いてみます!

Sponsored Link

神代植物公園はバラの時期に限らず、一年中花が楽しめる場所です。
バラが満開になる前の5月初め頃はシャクナゲやツツジが咲いています。
バラはまだつぼみで、開花が早い品種だけがほころんでいる感じ。

バラの見頃は、5月中旬から。
それに合わせて5/17(土)〜6/1(日)の間、春のバラフェスタが行われます!

期間中は開園時間が早まります。
また、バラのガイドツアー等もあり人気イベントになっているようです。

 

最寄り駅からのバスのアクセス方法

神代植物公園は最寄り駅から離れているので
車でなければ駅からバスを使って行きます。

駅は京王線つつじヶ丘駅、調布駅・JR中央線吉祥寺駅、三鷹駅
の4駅が使えます。駅ごとにバスの路線を説明します。

 

・京王線つつじヶ丘駅
北口
京王バス
丘21 深大寺行
「神代植物公園」下車 210円
時刻表はこちら

 

・京王線調布駅
北口
京王バス
のりば番号14 調34 深大寺行
「神代植物公園」下車 210円
時刻表はこちら

北口
小田急バス
のりば番号13 鷹56 三鷹駅行
のりば番号13 調32 武蔵境営業所行
のりば番号13 調31 調布駅北口行
のりば番号13 吉06 吉祥寺駅行
のりば番号13 吉05 吉祥寺駅行
いずれも「神代植物公園前」下車 210円

 

・JR中央線吉祥寺駅
南口(丸井前)
小田急バス
のりば番号4 吉06 調布駅北口行
のりば番号6 吉05 調布駅北口行
のりば番号6 吉04 深大寺行
いずれも「神代植物公園前」下車 210円

 

・JR中央線三鷹駅
南口
小田急バス
のりば番号3 鷹65 深大寺行
のりば番号5 鷹56 調布駅北口行
いずれも「神代植物公園前」下車 210円

 

帰りのバス

帰りの時もバスを使う場合、公園の正門深大寺門を出てその先のバス停を使います。

・正門
京王バス
「神代植物公園」発
丘21 つつじヶ丘行
調34 調布駅北口行
吉05 吉祥寺行
鷹56 三鷹行

小田急バス
「神代植物公園前」発
吉05 調布駅北口行
吉05 吉祥寺行
鷹56 三鷹行

 

・深大寺門
小田急バス
「深大寺」発
吉04 吉祥寺行
鷹65 三鷹行

京王バス
「深大寺」発
調34 調布駅北口
丘21 つつじヶ丘

運賃は変わりませんが、
京王バスが「神代植物公園」、小田急バスが「神代植物公園
というバス停名にしているんですね。

 

バラフェスタなどイベントの期間中は道路が混んで
タクシーもなかなか捕まりません。
バスの下調べをしっかりして行くのがおすすめです。