近頃、「PB商品」「NB商品」という言葉を良く見かけないでしょうか。

どんな意味かというと、PB商品とはプライベートブランド商品の略です。

セブンイレブンやイオンで見かける、
お店オリジナルの、ちょっとお得な値段の商品シリーズです。

トップバリュやセブンのセブンプレミアムなどが有名ですね。

対して、NB商品とはナショナルブランドの略です。

「PB商品」と「NB商品」の例やメリット、デメリットをチェックしてみました。

Sponsored Link

ナショナルブランドとは今まであったメーカー生産の商品の事です。

「カップスター」や「明治牛乳」などがそうですね。

従来、商品はメーカーが製造してから、
小売業であるスーパーやコンビニに卸して販売するのが普通でした。

 

プライベートブランドは、逆にスーパーやコンビニ側が
メーカーに製造を頼んで自分のブランドとして販売している商品です。
自主企画商品とも呼ばれています。

お店は、自分の方でニーズに合わせてすぐに企画変更がきき、
卸売り業者等への費用がかからなくなるため利益が上がるメリットがあります。

また、お客さんの方は同じくらいの品質の物を低価格で買えます。

そんな訳でプライベートブランドは定着するようになり、
ヒット商品も続々登場しました。

人気商品の例を挙げてみます。

・ローソン「ウチカフェフラッペ」

・セブンイレブン「金の食パン しっとり」

・ファミリーマート「ワッフルコーンバニラ」

あってもなくてもいいものの場合、値段が安いと買ってしまいますね。

 

プライベートブランド商品のデメリットっぽいところを
挙げるとすれば、パッケージが地味、が一番にくるのではないでしょうか。

プライベートブランド商品のパッケージは、
デザイン的にシンプルで落ち着いていますが
落ち着きすぎていてアピールが弱いものが多いと感じます。

特に、食品はおいしそうに見えるかどうかが大事です。

生活必需品の食品はともかく、デザートとして買いたい時、
パッケージに引きつける力が無いと他の商品を選んでしまいますよね。

価格が安めで見た目が簡素だとお客さんとしては
「質もそれなりかな?」と感じるのが自然です。

また、過去には製造者の記載がはっきり
義務づけられていなかった期間もありました。

現在は法律により製造者と工場の記載が義務化されていますが、
それまでの間にお客さんの間には心配なイメージも付いてしまった
かもしれません。

 

バターやチーズ、ハム等がこの夏からちょっと値上がりしています。
円安の影響が食料輸入に響いているようです。

そんな中でもプライベートブランド食品は低価格なので
これからもっと活躍と普及が予想できます。

最近はヘルシー路線、高級化が進んでいるというPB商品。
イメージアップとメーカー並みの安全保証を期待できるといいですね。