USJで待望のハリーポッターエリアがグランドオープンしました!
ファンは心待ちにしていましたね。

USJホグワーツ
USJ公式サイトより ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター

アトラクションはもちろんですが、
ハリポタエリアで買える原作登場のグッズも注目です。

百味ビーンズバタービール、入学生の杖、ニンバス2000まで
実際あったらなというグッズがほぼそろっているそうです。

ハリーポッターグッズの価格をチェックしてみました!

Sponsored Link

ハリポタエリアの正式名は「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」。

その中のホグズミードエリアに原作を再現したお店があります。
魔法グッズはそのうち8店で購入可能!

お店8種類

・ダービシュアンドバングス

・フィルチの没収品店

・グラドラグス魔法ファッション店

・ハニーデュークス

・オリバンダーの店

・ふくろう便

・ワイズエーカー魔法用品店

・ゾンコのいたずら専門店

 

インパクトの強いお菓子、百味ビーンズと蛙チョコは「ハニーデュークス
で売っています。

ハニーデュークス

百味ビーンズと蛙チョコ

・百味ビーンズ 1500円
・蛙チョコ 1200円

百味ビーンズの味は全部で20種類だそうです。
絶対美味しくなさそうなのに一番気になるグッズです。

百味ビーンズ、お土産にするにはちょっと危険ですね。

 

続いて、欲しいと人気なのは「」!

ハリーがダンブルドア校長と初めて杖を買いに行った
オリバンダーの店」で購入できるそうです。

オリバンダーの店

・一本 3500円

長さ約35センチで結構本物っぽい仕上げが人気の理由。
ちゃんと箱に入っています。

ハリーの杖だけでなく、ロンやハーマイオニー、ダンブルドアなど
いろいろなキャラクターの杖がそろっているそうです!

15種類以上はあるようですが、今後増えるかもしれませんね。
ワイズエーカー魔法用品店」ではホグワーツ生のための
ローブやマフラーがそろっています。

・ローブ 13500円
・マフラー 2280円

ローブはさすがに手が出なくても、マフラーは普通の店頭価格です。

そろえれば本格的に世界観を完成させられそうな、
本当のファンが待っていたお店ですね。

 

そして、名物のバタービール。
お土産ショップではなくお食事どころの老舗パブ、
三本の箒」で販売しています。

ビールという名前ですがノンアルコールの甘めドリンクです。

・雰囲気いっぱいのジョッキ注文では 一杯1000円

・使い捨てコップ注文では 一杯500円

という結構差のあるお値段です。

 

ざっと見てみましたが、
グッズよりもドリンクやお菓子の方が高額なんですね。

やっぱり、ハリポタの世界にひたれる場所代が含まれているようです。

ハリポタ作中のグッズは具体的に書かれているので、
これまで何度か商品化されてきたようですが、
ここまで本格的にお店まで再現して販売するのは世界初ですね。