2月から5月にかけてはイチゴ狩りの季節ですね!

千葉県はイチゴ狩りの名所がたくさんあるので迷いますが、
今回はその中でも「マザー牧場」でのイチゴ狩りを取り上げてみました。

オススメの点と注意点をちょっとまとめてみます。

Sponsored Link

マザー牧場でのイチゴ狩りのおすすめの点は、
自分に合った姿勢でイチゴを取れる!
イチゴ狩り以外の春イベントも一緒に楽しめる!
というところです。

合った姿勢でイチゴ摘みができるのは、
珍しい立体型の7段式水耕栽培でイチゴの栽培をしているからです。
str
自分こんな感じなので立ったままつみとりOK

ずっとしゃがんだままだと疲れる、土に触って汚れたくない、という方にはぴったり。
(逆に土に触れながらイチゴ狩りをしたい人には不向きかも)

通路は広くて車いすでも通れるそうです。
年齢問わず家族全員で楽しめますね!

品種は「紅ほっぺ」「章姫」「とちおとめ」の3種類です。
3種類の食べ比べもおいしそう。

そして注意点ですが、
一般的なイメージの食べ放題システムではありません
これは摘み取ったイチゴをその場で食べる事はできないという意味です。


参加料(1人)200円を払ってハウスに入る→
イチゴを入れるケースに好きなだけつんで入れる→
精算所でイチゴ100gにつき200円の代金を払う→
近くの休憩所で食べる

という流れになっています。
その場で食べたいか後ででいいかは好みの分かれるところなので、
ここは要チェックですね!

 

マザー牧場では、イチゴ狩りのできる「フルーツ農園」の他にも
花の見どころ箇所がたくさんあります。

イチゴ狩りの季節とちょうど一緒なのは、梅園、菜の花畑、桜です。
フルーツ狩りと一緒にお花見もできてしまうのはお得。
春の楽しみが一気に満喫できてしまいますね。

 

そんなお得なスポットなので、マザー牧場は旅行会社の日帰りバスツアーの行き先にも良く組み込まれています。

黄色いバスでおなじみのはとバスツアーもそうですが、今年はとバスの日帰りツアーでマザー牧場のイチゴ狩りを探したいという方はちょっとご注意下さい。

なんと今年の2/26日に、はとバスのホームページが勝手に書き換えられるという事件が起こってしまいました。
そのために現在はとバスのホームページは一時閉鎖されてしまっています!

コースをチェックしたい場合は、以下のデジタルブックのアドレスを見るという対応が取られています。

■日帰り早春号(1〜4月)
http://saas3.startialab.com/acti_books/1045173879/9738/

■日帰り春号(3〜7月)
http://saas3.startialab.com/acti_books/1045173879/11910/

これでチェックはできるのですが、やっぱり早く復旧してほしいですね!

———–

マザー牧場

千葉県富津市田倉940-3

0439-37-3211

一般入場料
大人(中学生以上)  1,500円
小人(4歳~小学6年生)800円

———–